メカのCG イラスト


by 3dcgdemekamono

blenderでjpgを動画に変換

先週の続きです blenderの画面の下のtool barみたいな部分をヘッダと言いますが 左端の絵の所をクリック video sequencer editorを選びます ヘッダのadd image でUE4で出したjpg連番を読み込みます aキーを押せば全選択できます そして右上ボタン add image stripで読み込みます
video sequence editorの画面に紫色のバーができます   
次blender画面右のカメラマークをクリックしてrenderタブにします dimentionでresorution1920*1080 100%に その横startを0 endを900 これはUE4で出した連番の最後の数字です  frame rateは30fps その下outputは自分が書き出ししたい場所を指定します  その下BMPになってる所をプルダウンを開き movieのH.264にします その下encording formatはMPEG4 bitrate6000 です 
これでrenderボタンの横のanimationボタンを押せば動画にしてくれます
video sequencer editorの紫のバーを消したい場合はバーをクリック deleteキーを押して OK?erase stripをクリックです

videoのencording formatに関しては 詳しくないので他にいい設定があるかもしれません... 私はこれでyoutubeも無事アップできました 1920*1080 30秒で20MBくらいです 
blenderのバージョンは2.70です 古くてすいません...理由は blenderとUWSCで自動化してるんですが バージョンを変えると自動化ファイルを最初から見直さないといけないので 2.70のままで使ってます.... 最新版と合わない部分があるかもしれません...参考になる所だけ参考にして下さい

今日の動画です 4足メカのjumpです

今日のメカです
c0358198_11364400.jpg
201702d-1
c0358198_11371829.jpg
201702d-2
c0358198_11373397.jpg
201702d-3

linkです
【CGイラスト201702d-1.jpg】【CGイラスト201702d-2.jpg】【CGイラスト201702d-3.jpg】
[PR]
# by 3dcgdemekamono | 2017-02-27 11:39 | CG話 | Comments(0)

UE4.14 動画render

akeytsuでanimationを作ってfbxで出します UE4にimportします UE4のcontentにアイコンが4種類できます object anim physics asset skeletonです animのアイコンを3Dviewにドロップします 画面右detailで transform location0 0 0 scale30にします 次画面上tool barのcinematics add level sequence 別窓が出て 下のsaveをクリック
3Dviewでだいたい構図を決めます
画面下sequence windowのtoolでカメラボタンを押します cine camera actorができます そのまま画面左detailでcurrent focal lens20 current aperture22にします
次にsequence windowのtool barで映画マークのボタンを押します render設定の別窓が出ます 上からoutputはimage sequence jpg frame rate30 resolution1920*1080 compression quality100 output directoryはデフォで今のUE4のプロジェクトfolderの中のsave video capturesになってます 注意はoutput directoryが前の出力先のままになってるのことがあるのでちゃんと今のUE4 folderのsave- video capturesに設定し直してください  outputの下 cinematic mode on これで1番下のcapture movieをクリックでjpg書き出しが始まります
動画の長さですがデフォでは150になってます 5秒です 長くする場合は まずsequence window右下端に2つ数字があります 左の方の数字をクリックして600とか入力します 次にsequence windowで目玉ボタンを押します メニューの真ん中くらいにplayback start endがあります endを600とか入力します  次にcameraを作った時にsequence windowにcine camera actorの欄が出来ましたがその上にcamera cutという欄ができたと思います その欄を選択して横のコマ割りみたいな部分の右端をドラッグで拡張して再生時間の最後まで伸ばします これをしないと途中から変な構図の絵になってしまいます  注意はドラッグで伸ばす場合は十字矢印だと移動になってしまうので 左右矢印でちゃんと拡大するようにしてください
あとはblenderでjpgを動画に変換します 続きは来週に書きます
動画は30秒だとjpgが900枚になります 私はメモリーでramdiskを作ってそこで作業してますが それでも900枚を消去する時2-3秒かかります ssd diskに書き出したりすると もしかしたら重いかもしれません それに900枚を書き出し 消去を繰り返すとssdにも良くないかもしれません UE4はちゃんとソフトとして出されてるものなので心配無いかもしれないし.....その辺は分かりません 

今日のメカです
c0358198_12204508.jpg
201702c-1
c0358198_12210480.jpg
201702c-2
c0358198_12211850.jpg
201702c-3

linkです
【CGイラスト201702c-1.jpg】【CGイラスト201702c-2.jpg】【CGイラスト201702c-3.jpg】


[PR]
# by 3dcgdemekamono | 2017-02-20 12:23 | CG話 | Comments(0)

UE4で動画をrender

今までの動画はUE4画面をcaptureしたものでした captureとはPCの画面をリアルタイムで記録する方法で....でもこれだと UE4の計算処理とPC画面記録の処理を同時にするので 結構重いです animationもたまにカクついたりします
それで今日の動画はcaptureせずにUE4で動画をrenderしました これだと画質はきれいだし カクつきも無いです  動画を直接出す方法とjpgなどを数百枚出して後から動画にする方法があります  直接動画の方法をやってみましたがシャープさが無くて良くなかったのでjpgで出して 後で動画にする方法でしました 後で動画にするのはblenderを使います  
30秒くらいの1920*1080の作品で UE4でjpgをrenderするのに1分 blenderで動画に変換するのに1分くらいです
詳しくは次週に書きます....

今日のメカです
c0358198_10565438.jpg
201702b-1
c0358198_10574980.jpg
201702b-2
c0358198_10580614.jpg
201702b-3


[PR]
# by 3dcgdemekamono | 2017-02-13 11:01 | CG話 | Comments(0)

akeytsuとUE4でアニメ 2

今回は4足メカです 4足でどうやって動くのか さっぱり分からないのでいろいろ調べました... spider how to walk...とかspider walk cycleとかで検索して動画を見ました... 本物の蜘蛛の動画があって ちょっとアレでしたが...イラストで説明してる分かりやすい動画もあったので良かったです.... 


今日のメカです
c0358198_11033142.jpg
201702a-1
c0358198_11034733.jpg
201702a-2
c0358198_11040250.jpg
201702a-3

linkです
【CGイラスト201702a-1.jpg】【CGイラスト201702a-2.jpg】【CGイラスト201702a-3.jpg】

注意
先週の話ですが... UE4のcinematics windowの機能やUIボタンはバージョンによって変更が多いようなので 4.14以前だと記事の内容と合わないかもしれません.....よろしくお願いします

[PR]
# by 3dcgdemekamono | 2017-02-06 11:21 | CG話 | Comments(0)

UE4.14でturntable

画面うえのアイコンでCinematicsをクリック add level sequence 別窓が出るのでsave 下にsequence windowができます sequence windowの中身が表示されてない場合はcontentにsequenceのアイコンができてるのでそれをダブルクリックして下さい
sequence windowの左端+add actor to sequenceで自分のobject名を選択 欄ができます  その中のtransform rotation zの行をクリック さらにzの行の右の方に 矢印o矢印 みたいなマークがあるのでそのoをクリックします 
次timeバーをドラッグして適当に5とかの位置にします timeバーはグラフの縦の白線で数字の0の位置にあります 0数字の所の茶色の部分をドラッグすれば動かせます
またzの 矢印o矢印 のoをクリックします これでkeyが2つになります
次グラフのツールの右の方...カーブマークをクリック  グラフ右端に5の位置のkeyがあるので小さい白い点をクリック すると左の方にtimeとvalueの数値の欄が出るのでtime20 value360を入力
一旦上のカーブマークをクリック 再びクリックすると全体が見れます 0の所の白い点をクリック さらに右クリックでlinearに  同じくグラフ右端の白点も右クリックでlinearにします
最後グラフのツールで目のマークをクリック メニュー真ん中くらいにstart endがあるので endを600と入力します 数値はちゃんと入力されない場合は グラフのツールのカーブマークをクリック 再びクリックして全体を表示させればいけます
3D view下の再生ボタンで回ります ボタンが表示されてない時は3D view左上三角マークをクリック show transport controlで表示されます

今日のメカです
c0358198_15113821.jpg
201701e-1
c0358198_15120561.jpg
201701e-2
c0358198_15121927.jpg
201701e-3
UE4.14のrenderです 金属の反射が改良されたみたいで UE4.12の時よりかなりリアルに見えます

linkです
【CGイラスト201701e-1.jpg】【CGイラスト201701e-2.jpg】【CGイラスト201701e-3.jpg】


[PR]
# by 3dcgdemekamono | 2017-01-30 15:26 | CG話 | Comments(0)